人気ブログランキング |
ブログトップ

Online8's Blog ~成人した後からの軽度の発達障害に気付き(医療関係者)~

今の多々ある糖分の、種類、選択、体調管理。


体調管理による糖分について、私によっての*共感覚によって。



・加熱した、糖分。

・冷凍する、糖分。

・常温の、糖分。



体の中では、全てが、糖分の種類を、違っているような、感覚があります。体の中での、作用の違いから、そう、思います。私の体質は、同じ食品によっても、加熱する事により、糖分は膨らみます。逆に、冷やす事によっても、糖分は、小さくなって行きます。

血糖値の、上がり方、体から、抜けて行く感覚。全てにおいて、違います。体の中の、「 お水」の不足によっても、血糖値は、上がります。

こういった、糖の種類や、食べ方による糖の上がり方による、体の影響がある事による、作用によっては、病院に、行く、可能性が、あるのではないでしょうかと、思えます。

日々、体の中からの、影響を、食事の度に読み取りながら、実際に、症状として、現れています。



・果物の果汁。

・お野菜の糖分。

・穀類の糖分。

・甘酒の糖分。

・お酒の糖分。

・蜂蜜、水あめ、ガムシロ

・白砂糖、黒砂糖、グラニュー糖他。



また、多々ある糖分の、種類による、影響や作用も、種類毎に違いがあります。

体へも、精神、感情にも、影響や作用を、違いを、感じます。



・和菓子。

・洋菓子。

drink



糖分と、他の成分を、混ぜた事によって、出来る、おやつ等も、お料理も、体の中は、影響と作用、血糖値による、上がり下がりの違いを感じます。

成分同士による、糖の変異?を感じ、また、糖分だけで取った時とは違って行く、体への、影響、作用、血糖値、を体から、読み取っています。


直ぐに、頭を使う事による、必要な糖分を、環境や、感情によって、必要となる糖分を、体の状態を観察しながら、選んで過ごしています。


朝、昼、夜、時間帯によっては、必要な糖の種類が違い、食べ方によっては、体調不良にも、繋がってしまいます。朝、血糖値を上げてしまうと、お昼に空腹感が出てしまい、昼食の量が、増えてしまいます。そうして、また、血糖値を、朝の、高い血糖値に、合わせる事によって、夕食も、同じように、血糖値を上げてしまいます。一日の、血糖値による、上がり下がりによっての影響は、朝が重要になります。そうしなければ、悪循環のままに、なっています。それほどにまて、糖分の影響を感じ取ってしまいます。


体が楽になって行く、時間帯の糖分と(オレンジ・ジュース、濃縮還元100%は、午前中に、血糖値の上がりにくくする果汁です)、種類、そして、組み合わせによる、食べ方。

糖と糖を、組み合わせる事によって、逆に体が楽になって行く、食べ方。(お肌を、綺麗にされたい方は、蜂蜜とバナナの、組み合わせを、お勧め致します)

太りにくくある、体の循環を、妨げずに、むくみ等を、起こしにくくする、食べ方。

糖分の、影響、作用、血糖値の、上がり下がり、自分の選択によって、調整を、しています。特に、既往症はありませんが、体調に糖分の、影響が大きい為に、他の食品と合わせながら、糖分による体調管理もしています。


*現代社会において、植物の減少に伴いながら、酸素濃度の低下、大気中の水分不足、天候不良、浄化不足、そういった事による、体の循環の悪化による、様々な体への影響を、感じ取ってしまいます。そうして、糖分の種類が多々あり過ぎる為に、体への影響や作用によっての悪化や、そうした事による作用を、感じ取ってしまいます。私の体質には、精製されて行く、上白糖は、循環が悪くなり、排泄が乱れ、病気に繋がります。感情面におきましても、興奮作用が強くなってしまいます。どうしても、食べなくてはいけない時は、工夫が必要になってしまいます。上白糖以外の糖は、単品に食べる事は、(素材そのもの、キビ砂糖、蜂蜜、赤ワイン等、前後の、食べ合わせも、関係します)は、多少は、血糖値は、上がる事も、ありますが、循環が悪くならずに排出も、速やかに行われて行きます。なるべく、そういった食品を、選んでいます。自分なりに、調節しながら、こうして過ごしています。(Refers to natural remedies by Mr. Edgar Cayce.)


# by love8nihonnok | 2019-08-17 11:11 | | Comments(0)

「 お水」・「 お水」の飲み方 How to drink water by the diet of water, Edgar Cayce


1945年から、食事療法を打ち出した、エドガー・ケイシーさんの、食事療法を、行っています。


特に、毎日の食事において、欠かす事の出来ない「 お水」は、とても重要と、なっております。エドガー・ケイシーさんの、食事療法においても、食前、食後の、「 お水」は、必要不可欠になって行きます。


理由の一つと致しましては、食前に飲む事によって、その後の食品を、速やかに、消化へと導き、体の負担にならない形に、する為にへと、「 お水」が働いてくれています。


食後の、「 お水」は、お腹が落ち着いてから、飲める分量だけを飲んでいます。

食後の「 お水」の働きになると、食べた食品の成分を、全身に、必要な所に、届ける為に、必要となっています。

必要な栄養が届く事によって、何よりも、体を、健康へと、健やかに、保つ為に、必要となっています。


他にも、お茶や、ペットボトル飲料等が、ありますが、私の場合は、食品と変わらなくなる事がある為に、食品の栄養と変わらなくなって行く為に、水分として、飲む事は、控えています。お腹が一杯になり過ぎてしまったり、種類によっては、薬と、同じ作用をする事がある為に、注意が必要となっております。

カフェイン飲料になると、薬そのものの、作用になる為に、私は、薬として、捉えています。

水分を取る為には、「お水*」が、基本と、なっています。


体を構成する為に、「 お水」と、栄養補給が必要不可欠になってしまいます。

「 お水」は何よりも、シンプルな食べ方と、相性が良いように、感じてしまいます。

そうする事によって、体が、「 お水」を要求し始めます。「 お水」が入って行き、「 お水」を要求する事によって、体が、正常に、働き始めてくれます。


私の飲んでいる、「 お水」の種類は、天然水、浄水、そして、蒸留水を、飲んでいます。今の体質に、合って行く「 お水」になっています。薬剤の入っている水道水を、そのまま飲む事や、人工的に、手を加え過ぎた、電解水、アルカリイオン水などの、特殊な「 お水」は、胃が痛くなる為に、飲む事を控えています。体が大人とは違う、赤ちゃんや、小さな子供さんは、特に飲ませない方が、良いと思います。普通の「 お水」が、一番安心かと、思います。


今の季節におきましては、朝の「 お水」の摂取をする事が、重要に思います。私の場合は、果汁を飲んで、「 お水」も、飲んでいます。そうする事によって、頭の障害を、防いでいます。朝一番に、体の水分を満たす事も必要になります。また、飲んだ水分によって、出てくる汗の成分が、臭いや、肌荒れの原因になる為に、飲み物の種類にも、気を配る事をしています。麦茶が必要な方は、「 お水」と合わせて、飲む事をお勧め致します。体に、麦茶の栄養素を、届けて下さいます。


エドガー・ケイシーさんの、食事療法による、水分の飲み方が、夏バテ予防や、肌荒れの対策へと、繋がって行きます。


# by love8nihonnok | 2019-08-11 13:16 | シナスタジア・共感覚(ある、特異の感覚) | Comments(0)

Online8 ~軽度の発達障害によるブログです~